スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

そしてポンドルを買い増し 

若干先走り感はあるものの、GBPUSD(ポンドル)を1.9920で買い増してみた。
1.9950くらいをうまく抜けてくれれば面白いことになりそう。

現在の売買記録
[ 2007/05/08 21:15 ] FX売買記録 |

オージー円、手仕舞い。 

AUDJPY(オージー円)は、出勤前に設定した決済指値が刺さっていた。
99円中頃まで上昇したようだったが、まあいいところだろう。

結果的に残念だったのは昨日の夜に決済したGBPCHF(ポンスイ)。
2.4130あたりのサポートが効いた感じ。
21日移動平均線がサポートになりやすい通貨だと再確認。

現在の売買記録
[ 2007/05/08 20:57 ] FX売買記録 |

ポンドル、節目で折り返せば、、、 

昨日の夜はGBPUSDをヘッジでショートして就寝。
結果的には正解となった。
現在は下落しそうな雰囲気になってきたが、1.9900あたりで折り返すことができるかどうかを確認したいところ。

現在の売買記録
[ 2007/05/08 06:54 ] FX売買記録 |

ポンドルはヘッジ、ポンスイは手仕舞い。 

GBPUSD(ポンドル)とGBPCHF(ポンスイ)について、テクニカル的にちょっと悪い形となってきた。
ポンドルはとりあえず利益確保的にヘッジでショート開始。
1.9980あたりを越えてくればもう少しの上昇が期待できそう。
ポンスイについては撤退。
早すぎるかもしれないが、他のポジションで利益が出ているのでよしとする。

現在の売買記録
[ 2007/05/07 22:56 ] FX売買記録 |

勝率9割! FX売買ポイント分析ツール【FXトレードマスター】 

あなたがやるのは、次のたった2点です。
1.売買ルールを決める
2.FXトレードマスターが出す売買ポイントに従い注文を出す


売買ルールは付属のEブックを参考に決めればOK、あとはFXトレードマスターがはじき出す売買ポイントで注文を出すだけです。
実にシンプルで明快、そして迷いがありません!
朝起きて、たった10分、分析して注文を出すだけです。


勝率9割! FX売買ポイント分析ツール【FXトレードマスター】

FXトレードマスターは過去の為替データを分析し、高確率で1%程度の反発が期待できる価格、つまり「売買ポイント」を算出してくれます。

では、なぜ9割という圧倒的な勝率を誇るのでしょうか?
その秘密を少しだけ明かしましょう。
それは、「相場は行き過ぎることがある」ということと、
「行き過ぎは戻ってくることが多い」という事実があげられます。
FXトレードマスターが算出する売買ポイントは、
この相場の行き過ぎをうまく捕らえているのです。


[ 2007/05/07 22:15 ] 勝つ為の情報商材 |

オージー円、ロングのサイン発生。 

出勤前にはロングのサインが出ていなかったAUDJPYも、出勤後に無事サインが出た。
まずは99.20くらいでいったんかと思う。
あまり高値は追わずにいくのが正解かも。

GBPCHF(ポンスイ)でロングのサインが出たが、ちょっと形が悪い。
こちらもとりあえず試し買いのスタンスで1万ポジション参戦。
少しポジション持ちすぎなので、GBPUSDあたりを決済するかも。

現在の売買記録
[ 2007/05/07 21:48 ] FX売買記録 |

ポンドル、ショートを手仕舞いしロングへ。 

先週から持ち越したGBPUSDのポジションは、ロングのサインが発生した為、ショートを手仕舞い。
ヘッジのロングは保有中。
決済指値を2.0020あたりにおいておく。
更に、明確なサインは出ていないのだが、AUDJPYを試し買い。
98円割れをストップロスに設定しておく。

現在の売買記録
[ 2007/05/07 06:50 ] FX売買記録 |

ポンドル、いったん利益確定 

GBPUSDは1.9860あたりに節目があるので、売り増ししたポジションはいったん利益確定。
根っこのポジションはまだ有利な位置にあるので保持し続けるつもり。
1.9950あたりまで終値で戻すようだと、ショートの流れがいったん止まる可能性が出てくるので決済するかも。
また、先ほどから1.9915で再度ヘッジのロングを開始。

今日の終値次第で来週以降の戦略を考えたいと思う。
[ 2007/05/04 23:48 ] FX売買記録 |

ポンドル、ヘッジをいったん外す。 

GBPUSDがいい感じで下がってきた。
いったんヘッジを外すことにする。
GBPUSD 
1.9900 買を1.9880で決済(-20pips)
[ 2007/05/03 23:15 ] FX売買記録 |

ポンドル、ヘッジと売り増し 

GBPUSDのショート、今のところいい感じだが、日足の終値でなかなか節目を割ってこない。
まだ復活する余地も残っていそうだが、今はショート方向にバイアスをかけている。
ヘッジの為、1.9900でロングを1万ポジション。
そして時間足では日本時間21時台の終値で節目を割ったので1、.9913でショートを1万ポジション追加。
根っこのポジションを活かしたトレードを継続させたいところ。

現在の売買記録
[ 2007/05/03 22:30 ] FX売買記録 |

ポンドルショート、今のところ成功 

今朝から始めたGBPUSD(ポンドル)のショート。
現在まではいい感じで下がっている。
日足の終値で1.9895を割ってくれば、更なる下落が期待できそう。
4/27の1.9864がいったんのメドかと思うが、この辺まで下がったら、ヘッジのロングを仕掛けることも検討する。

現在の売買記録
[ 2007/05/02 23:01 ] FX売買記録 |

ポンドル、試し売り 

GBPUSDを試し売り。
ショートのサインは短期的なもので、すぐ反転する可能性もあるが。
昨日の夜の下落の際にもサインが出ていたのに、そこで売ることはできず。

現在の売買記録
[ 2007/05/02 06:51 ] FX売買記録 |

ユロポン、小額ながらプラス決済 

先週から持ち越しだったEURGBP(ユロポン)のショートポジション。
朝に設定した決済指値に刺さり、+7pipsでクローズ。
検証していたテクニカルのサインで実際に売買してみたが、どうも本チャンのトレードだと欲が顔を出してしまうのかもしれない。
今はまだ、+20pipsくらいの回転の良いトレードで、勝ち癖をつけたほうがいいのかも。
[ 2007/05/01 23:00 ] FX売買記録 |

ユロポン、ストップにかからず 

先週から持ち越しのEURGBP(ユロポン)。
短期的なサインが頻発しており、現在は再びショートのサインが発生中。
しかし、値幅は望めそうもないので、0.6810に決済指値を設定しておくことに。

連休の谷間だが、カレンダーどおりの出社。

現在の売買記録
[ 2007/05/01 06:52 ] FX売買記録 |







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。